バストを寄せて1カップ大きく見せる方法

バストを寄せて1カップ大きく見せる方法

女性のバストに目が行ってしまう男性は少なくありません。そのために、バストを少しでも大きく見せたいと思っている女性はたくさんいらっしゃいます。

また、バストが大きいと洋服の選択肢も増えるので、ファッションの幅も広げられます。

しかし、バストの大きさには個人差があるので、小さい方にとってはそれが大きな悩みとなっているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、バストを寄せて大きく見せるための方法について紹介していきます。

バストを大きく見せたいなら自分に合ったブラをつける

ブラをつける理由をご存知でしょうか。それは、バストを安定的に支えることです。

そのために、バスト周辺のお肉を寄せて、持ち上げて、かつキープすることが求められています。そうすることによって、バストをキレイに大きく見せられるのです。

しかし、自分に合ったブラをつけられていないと、うまくお肉を寄せられない、持ち上げられない、キープできないのでバストが小さくなってしまいます。

つまり、同じトップバストやアンダーバストでも見た目に違いが生じて、バストが小さく見えてしまうのです。

自分に合ったブラかどうかチェックするポイントをいくつか挙げますので、確認してみてください。

  • ワイヤーやストラップ、バンドが身体に食い込んでいる
  • ブラの中心が浮いている
  • ストラップが肩から落ちる
  • アンダーの位置を直すことがよくある
  • ブラを外すとなんとなく楽に感じる

どれか1つでも当てはまる場合は、自分に合っているブラをつけられておらず、バストが小さく見える原因となっている可能性があります。

また、1年以上サイズを測っていない方も、もう一度確認することをおすすめします。体型は年齢や生活環境などによって変化するのです。

今の自分にピッタリのブラをつけるためにも再度測ってみてください。

ブラの正しい装着の仕方

自分に合ったブラが見つかったら、次に大切なのはブラのつけ方です。バストを大きく見せるつけ方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 前かがみになって胸やその周辺のお肉を寄せてカップに収めます
  2. その姿勢のまま、後ろのホックを留めます
  3. 前かがみを維持したまま、左手で左のストラップを浮かせ、右手で左側のバストを中央へ寄せて引き上げます
  4. 反対側も同様に行います
  5. 最後にストラップの調整を行います

以上が正しいブラのつけ方です。

もし、この時点で脇などにお肉がはみ出ていれば、詰め直してください。バストを大きく見せるためには、ブラを正しくつけることが欠かせません。

誤ったつけ方をしていると、胸周辺の脂肪が他に逃げて小さくなってしまいます。普段自己流でつけている方は、正しいブラのつけ方をこの記事を参考に身につけるようにしてください。

そうすることで今よりも大きくバストを見せることができます。

ブラの選び方つけ方の応用

背中や二の腕の脂肪を寄せてくる

通常、ブラをつけるときは胸や脇のお肉を寄せて装着します。しかし、バストを最大限大きく見せたいのであれば、背中や二の腕のお肉を使うことをおすすめします。

その方法は、上記の「ブラの正しい装着の仕方」の③のときに、バストを寄せるだけでなく背中まで手を伸ばして後ろのお肉も少しずつ移動させるのです。

また、胸に近い二の腕についているお肉も移動させられるので、ギュッと寄せてきます。こうすることで、背中や二の腕のお肉をプラスできるので、バストを大きく見せることができるのです。

二の腕に関しては、お風呂に入っているときに毎日やさしくマッサージしておくことが大切です。マッサージをすると二の腕の脂肪がほぐれるので、より胸に寄せやすくなります。

こうすることで、二の腕の脂肪は見えなくなって細くなる一方、バストは大きくなるので二の腕の脂肪が気になる方にはおすすめの方法です。

ナイトブラをつける

バストを大きく見せる方法として、「寝るときにナイトブラをつける」というものがあります。実は、バストを小さくしてしまう原因の1つが、眠っているときにあるのです。

例えば、うつぶせになったり寝返りをうったりしているとさまざまな方向に重力がかかるので、バストの形を崩してしまっているのです。その結果、バストにお肉を寄せようとしても胸周辺のお肉をうまく寄せられなくなります。

ナイトブラの効果

ナイトブラをつけると、お肉を寄せにくい・胸の形が崩れているということをなくせるのです。

日中につけるブラは上下の重力に対応してくれます。一方、ナイトブラは、寝返りなどによってかかる横への重力にも対応できるので、寝ている間も胸の形が崩れません。

そのため、日中用のブラをつけるときに形が整っているので、すんなりとバストを寄せられるのです。

生活習慣もバストに影響する

バストを大きくするために、ブラのつけ方やお肉の寄せ方ばかりに目が行きますが、生活習慣も重要です。

例えば、睡眠不足が続いているとストレスが溜まって女性ホルモンの分泌が悪くなります。女性ホルモンは女性らしい身体を作ってくれるホルモンですので、分泌量が減少するとバストに影響するのです。

また、豆乳や納豆などに含まれている大豆イソフラボンもバストに有効です。イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるので、大豆を摂取することでホルモンバランスが整ってバストが大きく見せられます。

バストカテゴリの最新記事