バストアップに効果のある筋トレ方法

バストアップに効果のある筋トレ方法

バストのお悩みを抱えている方はどれくらいいるでしょうね。

若い時は大きさだけにこだわっている方が多いですが、年齢を重ねると共に、大きさだけでなく、ハリや下垂も気になる方が増えていきます。

特に妊娠を経て出産を経験すると授乳によってバストが大きくなったと喜んだのもつかの間で授乳が終わると急激にバストは小さくなり、シワシワになり一気に深いショックを受ける方も多いと思います。

あなたの理想のバストはどんな感じですか?

とにかく大きいバストを手に入れたい、小さめだけど形が綺麗やハリがあって上向きのバストなどそれぞれ人によって理想は違いますが、全部が叶えられたらそれは嬉しいですよね。

理想のバストの条件

理想のバストの条件があって、乳頭間隔がウエストよりも狭く、離れていない事、バストトップの高さは肩とウエストの中間で垂れがない。

ヒップサイズとほぼ同じ大きさでバランスのとれた大きさが理想とするバストの条件だそうです。

元々、バストが小さめの方は遺伝だったり、無理なダイエットを思春期にしてしまったり、生活習慣の積み重ねが原因だったりします。

また、バストが垂れている方は姿勢が悪く、猫背によって大胸筋が圧迫されてしまう事が原因です。
さらに、血行が悪いのも原因で、バストへの栄養や酸素も行き渡らなくなってしまいます。

ブラジャーが合っていないまま同じのを着けていたりも原因の1つです。

バストアップに効果のある筋トレ

では、バストも鍛えたらバストアップに効果があるのか知りたいですよね。

バストにも筋肉はあり、土台である大胸筋を鍛えることによってバストアップが期待できます。

大胸筋はバスト全体を支える1番大きな筋肉で、大胸筋上部、大胸筋中部、大胸筋下部の3つに分かれます。

大胸筋上部は下垂防止のための筋肉で、大胸筋中部はバストを真ん中に寄せ、外側を綺麗に見せる、大胸筋下部はバストラインを綺麗に保ち、ボリュームアップに役立つ筋肉です。

さらに小胸筋という大胸筋の深部のインナーマッスルを鍛えることもお勧めします。

おすすめの筋トレ方法

では、これからバストアップに効果のある筋トレ方法をご紹介します。

合掌ポーズ

  • 誰でもできる1番簡単な筋トレです。
  • 両手を胸の前でグッと力を入れて、押し合います。
  • バストを寄せてあげる効果があります。
  • 大胸筋の上部や中部の内側にも効果があります。

壁腕立て伏せ

  • バストアップだけでなく、二の腕の引き締めにも効果のある筋トレです。
  • 壁を床に見立てて行います。
  • 筋トレが苦手な方にも簡単にできます。

膝腕立て伏せ

  • 膝を曲げて床につけて行う腕立て伏せ
  • 大胸筋だけでなく体幹も鍛えられ、筋トレ初心者にお勧めです。
  • バストを持ち上げてくれる大胸筋下部や上腕三頭筋にも効果があります。
  • バストアップ、形の綺麗なバストを作れます。

腕立て伏せ

  • 最も誰もがやったことのある筋トレです。
  • 正しい腕立て伏せをしないと怪我の原因にもなるので気を付けましょう。
  • 大胸筋中部の内側に効果があり、離れ気味のバストの方にお勧めです。

ダンベル筋トレ

  • 小胸筋を鍛えるための筋トレです。
  • 500mlか1ℓのペットボトルにに水を入れても良いです。
  • 仰向けで寝そべり、両手に1本ずつ持ちます。
  • 両手を肩の高さよりも低めに広げ、両手の甲は床に付けたままで、脇の角度が90度より少し狭くなるようにします。
  • 肘を90度に曲げ、息を吐きながら、身体の正面で肘と肘を合わせるように腕を床から離します。
  • 息を吸いながら手をももとに戻して、床につける直前で止めます。
  • これを10回ほど繰り返し行います。

これらのバストアップの筋トレ方法をご紹介しましたがコツとしては使われてる筋肉を意識して行うことです。

使っている筋肉に対して意識して行うだけで効果アップに繋がります。

絶対にバストアップして綺麗なバストになりたいと願いながら行うだけでも全然変わります。

また、気が向いた時だけ行うよりも毎日コツコツ5分でも良いので筋トレを行った方が効果も早く現れますし、違いが分かります。

最低でも3ヶ月は続けて見て、ビフォー、アフターで写真をとっておくこともお勧めします。

バストアップ効果をより大きくする為には

さらに、バストアップの筋トレと同時にバストに良い食事を見直したり、バストマッサージも併用して行う事により相乗効果もあります。

続けることにより、今まで使っていたブラジャーのサイズも合わなくなる可能性もあるのでその時は無理をして同じものを着けないで新しく変えましょう。

効果が目に見えて分かると、筋トレのモチベーションも上がりますし、もっとこうしたいなど前向きに取り組めるようになります。

なりたいバストに少しづつでも近づけるようにしていけたらいいですよね。

生理中などで体調の悪い時は無理せず、体調の整った時に行うようにしましょう。

これから薄着の時期になりますので今から筋トレしてもまだまだ間に合いますので焦らずにバストアップしていきましょう。

バストカテゴリの最新記事